ヘリコプターパイロットのライセンス

さて、前述のような方法でプロのヘリコプターパイロットになることは可能です。しかし、どちらの方法を採るにしろ、ヘリコプターパイロットになるためには、「ライセンス」というものが必要になってきます。そこで次は、ヘリコプターパイロットのライセンスについて詳しく説明します。

まず、ヘリコプターを操縦するためには、必ずヘリコプターパイロットのライセンスが必要になります。これは言わば、自動車で言う「普通免許」と同じです。すなわち、ライセンスなしにヘリコプターを操縦してはいけないということです。

また、ヘリコプターパイロットのライセンスには2種類あります。1つが「自家用ライセンス」、もう1つが「事業用ライセンス」です。自家用ライセンスは、その名の通り個人でヘリコプターの操縦を楽しむ際に必要となるものです。これがあれば、横に教官を乗せることなく自家用のヘリコプターを操縦することができます。

事業用ライセンスは、プロのヘリコプターパイロットとして仕事をしていくために必要なものです。基本的には、自家用ライセンスを取得した上で、さらに事業用ライセンスを取得することになります。テレビなどで話題のドクターヘリなどのパイロットはこちらの資格も取得しているということです。

そしてこれらのライセンスを取得するためには、ヘリコプターパイロットの養成所に通うのが一般的です。運転免許で言う「教習所」のようなものと考えてください。全国各地にありますので調べてみるとよいでしょう。

推奨リンク>>>ヘリコプター免許を取得できるフライトスクール