ヘリコプターパイロットの免許取得方法

空の世界にあこがれて、「自由に空を飛びまわれるような仕事に就きたい」と思う人はたくさんいます。そんな人たちが憧れる職業が「ヘリコプターパイロット」です。しかし、いざヘリコプターパイロットの資格を取ろうと思っても、その取り方まではほとんどの方が知りません。そこでここでは、ヘリコプターパイロットになるための方法を紹介します。

現在、プロのヘリコプターパイロットになるためには2つの方法があります。まず1つ目は、自家用のライセンスを取得し、その後警察や消防などのヘリコプターパイロットを募集しているところにチャレンジする方法です。2つ目は、事業用ライセンスまで取得してしまって、有資格操縦士の募集を行っている官公庁などの試験を受けることです。

この2つはどちらがよいというわけではなく、自分でヘリコプターを購入し、できたらプロのヘリコプターパイロットとして仕事がしたい、という人は1つ目の方法がおすすめです。

また、絶対プロのヘリコプターパイロットとして仕事をしていきたい、という人は2番目の方法をおすすめします。なぜなら、プロのヘリコプターパイロットとして仕事をするためには、自家用ライセンスを取ったあとに、結局事業用ライセンスも取得をしなければならないためです。